記事一覧

コンビニはしごでクレジットを現金化、最近のカード詐欺に注意!:その他まとめ

itune_020.jpg

最近はローソンストア100でもクレジットカードが使えるようになり、
ますますカードの利用機会が増えましたね。


最近はローソンストア100でもクレジットカードが使えるようになり、ますますカードの利用機会が増えましたね。

コンビニはもちろんスーパーや100円ショップでも使えるのですから小銭のやり取りが減って便利になったと喜びたいところですが、便利な分、カードの紛失・盗難には十分に注意しなければいけません。

今はコンビニでプリペイドカードを購入され簡単に現金化されてしまうようですので、一昔前よりもクレジットカードを狙われやすくなっているかもしれません。


利便性にリスクはつきもの、リテラシーと危険意識をしっかり持ってカード社会とうまく付き合いたいですね。





コンビニで他人のカードを簡単に現金化【クレジットカード詐欺の新手口】


フリーライターのI氏(39歳)は今年3月、中野区の公園で花見の途中に財布を落としてしまい、
それに気付かずにホロ酔いのまま二次会の店舗に向かう。

すっかり酩酊し始めた午前5時頃、財布を失くしたことに気付き、
急いで花見をしていた現場への道を辿るが時すでに遅し。諦めて警察に届け出をしたあと帰宅した。

I氏が帰宅したのは午前7時。
「免許やカードの紛失手続きしなくちゃ。面倒くさいなぁ」とうなだれている頃、I氏の携帯が鳴る。

電話は契約していたカード会社からで
「I様、午前2時頃、池袋のコンビニエンス店で8万円ほどお買い物されていますが、ご本人様ですか?」
との問い合わせ。

ここで初めて、カードが悪用されたことに気付いたのだ。

一昔前であれば、コンビニで8万円も買い物するなんてほぼ不可能ではあったが、
最近はiTunesやGoogle play、App Storeなどで使う1枚5000円ほどのカードを購入すれば、たやすく達成できる金額である。事実、I氏が被害にあったケースでも、その手のカード代金の支払いに悪用されていた。

入手したカードは、ヤフオクなどオークションサイトで売買されているところから、現金化は容易いのだろう。

コンビニでの高額な買い物にいち早く疑問を感じてI氏に連絡をしたカード会社Xの広報部に問い合わせてみた。

――盗難、紛失されたカードがコンビニで悪用されるケースは増えているのでしょうか?

「ここ1、2年で急増しています。コンビニで不正に購入されている商品の大半は前払い式のプリペイトカードですね。お客様の履歴にその手の商品が不自然なほど大量に買われていた場合、すぐに確認するよう対応しています。また、不正利用が増えているという実情から、関係各社や省庁と連携してプリペイドカードの購入に上限を設けるなどの対策も考えています。ただ、コンビニが密集している都内の繁華街などでは、多店舗で使えば済むだけですので、抜本的な対策になるかは難しいですね」

実際、I氏が8万円の不正利用された際も、利用店舗は1店ではなく4店。ハシゴをして単価5000円のプリペイトカードを買われまくったのである。


(詳細はこちら)

http://nikkan-spa.jp/651592



関連記事
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。