記事一覧

若年層の資産形成進まず…どうして若者は投資をしないのか:NISAまとめ

ダウンロード (2)
NISA半年 なぜ若者は投資をしないのか



投資元本が年間100万円までならば、株や株式投信の値上がり益、配当・分配金にかかる税金が5年間非課税になる制度「少額投資非課税制度(NISA)」が好調です。しかし、口座の開設は高齢者に偏っており、若年層を含めた長期的な資産形成という本来の趣旨からはズレた状態にあります。


投資元本が年間100万円までならば、株や株式投信の値上がり益、配当・分配金にかかる税金が5年間非課税になる制度「少額投資非課税制度(NISA)」が好調です。しかし、口座の開設は高齢者に偏っており、若年層を含めた長期的な資産形成という本来の趣旨からはズレた状態にあります。



2014年3月末時点におけるNISAの投資総額は1兆円を超えています。総口座数は650万3951口座となっており、制度が始まった今年1月と比較すると37%増えています。



NISAとは、1999年に英国で導入された制度をもとにした少額投資非課税制度で、投資元本が年間100万円までならば、株や株式投信の値上がり益、配当・分配金にかかる税金が5年間非課税になります。これまで銀行預金中心で株式投資をしたことがない層を株式市場に呼び込み、市場を活性化するとともに、国民の長期的な資産形成を促すことが目的です。…



実際、NISAの口座を開設した人は中高年層にかなり偏っており、3月末までに開設された口座の実に75%が50歳以上となっています。この数字を見る限り、若い人にはまったくといってよいほど普及していないと考えてよいでしょう。…

つまり、これまで株式投資を行っていた中高年層が、非課税という制度に魅力を感じ、既存の口座に加えてNISA口座を開設したと考えるのが妥当であり、若年層を含めた新しい投資家はほとんど開拓されていないのです。



現在の日本は、中高年層と若年層の経済的な格差があまりに大きくなりすぎています。例えば50歳代の平均賃金は月額40万円を超えていますが、20代では20万円と半分以下です。しかも若年層ではそもそも仕事に就けない人も多く、そういった人たちにとっては投資どころではありません。



こうした状況が重なり、現在の日本の株式市場は短期的な利ざやを狙う外国人投資家の取引が7割を占めるまでになってしまいました。若年層にも十分なお金が回る政策を実現しない限り、本当の意味で日本の株式市場が活性化する可能性は低いでしょう。



全文はソースで:http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140709-00000002-wordleaf-nb



このニュースに対するTwitterでの反応












このニュースの感想


>実際、NISAの口座を開設した人は中高年層にかなり偏っており、3月末までに開設された口座の実に75%が50歳以上となっています。この数字を見る限り、若い人にはまったくといってよいほど普及していないと考えてよいでしょう。

そりゃあそうでしょうとしか…。お金と時間がないの一言に尽きる。ただでさえ薄給激務で非正規だったりと立場が不安定な若者にさらにリスクを背負って投資しなさいとか…国はどんだけ若年層から搾り取ろうとしてんだよって話。

日本の金融資産のうち、およそ60%を60代以上の高齢者が持っていて、20代は2%ちょっとしか持ってないんですが、なぜ国は高齢者に投資させようとしないんですかねぇ…。というかこのNISAが若年層の投資を呼び込もうと作られたものなら国の制度設計が間違ってるとしか言えないと思う。

>若年層にも十分なお金が回る政策を実現しない限り、本当の意味で日本の株式市場が活性化する可能性は低いでしょう。

今の若者から労働力と賃金を極限まで安く搾り取ろうという経済政策では、ますます若者の消費意欲が削がれて物が売れなくなり、少子化に拍車をかけるだけだと思う。結婚も出産も子育ても一戸建てもマイカーも全て人生に対する投資の一部と言えると思うし。そういった背景を考えずに「なぜ若者は投資をしないんだ」と嘆く制度を作ってるおっさん達にはさっさとその舞台から降りてほしい。




関連記事
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。